女の薄毛の悩みまとめ!

女性の薄毛の悩みやその悩みにどう対処したのか?をまとめてみました!

毛量が多かったのにいつの間にか薄毛に

   

薄毛になるまではまったく髪の量に問題なかったです。

問題ないどころかむしろ髪の毛は多い方で、いつも髪がまとまらなくて困っていました。そんな学生時代を過ごしただけに自分が薄毛になっていると自覚するまでには少々時間がかかりましたね。

自覚症状が出るまでにも何度か周りの人から言われていたのです。「髪薄くなってない?」って。確かに髪の毛の抜け毛が激しいとは思っていたけど、それでも抜けた分は生えてくるだろうと思っていて、全く気にしていませんでした。だから自分が薄毛だと自覚するのが遅れたのです。

私の場合はつむじ辺りから薄くなってきており、それを隠そうと分け目を変えたり、帽子を被ったりしていました。周りの人に薄毛だとこれ以上指摘されたくなくて、こういう努力をしていたのです。

まだ若いのに髪の毛の心配をしないといけないのがちょっと惨めでした。そして将来どんどん髪が薄くなってやがて禿げたらどうしようとずっとそればかり考えるようになりました。この悩みでストレスがすごかったです。薄毛にはものすごく悩みましたし、治すための手立てを必死で考えました。

薄毛解消に向けてやってみた事

薄毛解消に向けて私がしたことは薄毛の原因の解明とそれに沿った対策です。私はまず何が薄毛に影響しているのかということをよく考えてみました。

そして髪の毛がいつもギトギトと脂ぎっていることに気づいたのです。もともと汗っかきで脂性なのです。だから1日髪の毛を洗わないだけで、酷くギトギトしていました。それでも面倒で洗わない日も何日かあったのです。もしかしたらこれが原因じゃないかと考えました。

それに私は間違った行為をしていました。髪を洗ってもなるべくドライヤーをかけない生活をしていたのです。ドライヤーで熱を送ると髪の毛が傷むと聞いたことがあったし、それなら扇風機や自然乾燥で乾かして、それでどうにかしていました。この二つが原因じゃないかと思ったのです。

だから髪の毛は毎日洗うようにして、髪の毛のギトギトを失くしました。それから髪の毛を頭皮の奥までしっかり乾かして寝るようにしたのです。こうすることで薄毛が酷かった部分が少しずつ良くなって、一時酷かった薄毛が解消されました。この経験から薄毛は原因をつきとめ、対策することが最も大切だと思います。そのようにしたおかげで、今私の髪の毛は保たれているのです。

 - 20代